スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの地下鉄

日本と違い 地下鉄の切符、回数券は、一度入ると出るまでは 乗り継ぎは何度でも大丈夫、一駅でも10乗ろうと、
乗り継ぎを何回しようと改札を出るまでは値段は変わらないのが便利だ。団体などは 回数券にて分けて 乗ればちょっと安上がりとなる。
なかなか 良い制度だ。

今回は ほとんど 回数券にて 奥さんと二人で回った!
スリや置き引きなど 会わずに入られて良かった!
また
乗り継ぎにも 路線番号をしっかり頭に入れておけば なんとかなった。
フランス語は分からなくても
駅名さえメモ書きしておけば大丈夫で 地上でも 交差点の辺りに地下鉄の出入口が多く メトロのMのマークが黄色であり また METOROと赤く示されていて探すのが楽だった。

怖い部分ももちろんあるけど
普通にして いて 、カバンを体の前にしておけばスリなどは大丈夫、 ただ 走る電車の中で トランペット、トロンボーン、アコーディオンなどの演奏をかってにして 終わると お金をねだるのがいたり、いわゆる ジプシー、浮浪者が 歌ったり訳のわからない口調でお金をねだるのがいたのは困った!
絶対に無視しなくてはダメだと 地元の知り合いから言われていたので徹底して無視した。

そういうのがなければ フランスの人たちは ぶっ綺羅歩卯であるが 以外と親切だったりする。

混んでいた車内でも それなりに譲り合ったりして 普通だった、 こちらも無理したりせずに普通に乗っていれば普通にいられた。
地下鉄のや町の道ばたはタバコの吸殻やゴミがやけに多いなと感じた部分はあった!
スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。