スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花キリン(花麒麟)

小諸の懐古園の帰りに 小諸駅の喫茶もあるフラワーショップで 小さな赤い花が咲く 花キリンというのを 買い求め 花が散るかもで 上田までの電車のなかでスケッチしてましたが 帰宅して 花を調べたら

サボテンのモクキリンというのに姿が似ていて一年中花をつけて咲くから 花キリンとついたとある。 まだ 絵にしていない花で はじめはサボテンの一種かなと思い買い求めたが
そう思ったのは納得した。

別名 キスミークィックとも呼ばれるが なんか洒落た名前だ
また、灯台草科というのも面白い。
アフリカマダガスカル島原産で乾燥に強く水やりが回数少なくてもいいとあり それも
いいかな( ^∀^)

花と見えるのは (ほう)と呼ばれるもの で花の基部の葉が変化したもので、 いわゆる花は真ん中にあり目立たない。
茎はトゲだらけ だが内部には水を蓄えるようになっていて
乾燥に強いとのこと

今、 その花が散るまでかなと
スケッチをしているところです。

新しい花をスケッチするときには、解る範囲で 一度は その花について 確認するようにはしている。
スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。