スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本画写生会、人物着彩デッサン


7月2日に ハマ展日本画部主催による 一般向けに 人物デッサン会があった。
自分が担当責任にて YさんとKさんが担当者、 昨年からの二回目となる。
じっくりとデッサンしてもらおうと 初めにポーズを立ちポーズか座りポーズかを決めてから、同じ固定ポーズにして百分のデッサンとなる。

希望者が54人いて抽選して41人に決まってのデッサン会となった!
モデルさんは 昨年浴衣でおねがいした、Iさんにまた おねがいしたI 民族的な衣装をとのお願いでインドの衣装を持ってきてくれたのであったが以外と 良かった!

カラフルな色の衣装はデッサンにて細かいのを描き、色付けしていくにはとても良かった!が 時間がかかるので慣れている人にはいいが、始めてのひとにはちょっと厄介だったと思う、 まごついているように見えたひとも数人いたが だいたいは着彩まで入っていたので少し安心してみていた。
当然、仕上がったひとはいなかったようだ。
時間となって デッサン会は終わった!
来年は市民ギャラリーが 解体となりさん 今の市民ギャラリーは3月にて終わり、たてものそのものが無くなる。 二年後の秋には、 いせやま会館という市の施設をリニュアルしてギャラリー再開となる予定で、展覧会は?デッサン会が、まだ どうなるかな?の状態になっている。

日本画のデッサン会は続けて下さいと 言われているし、自分も 場所の確保ができれは続けて行きたいと思っています! どうなるのだろうか?

スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。