FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木宇都宮交流展:取材写生へ、レンタカーにて




宇都宮からレンタカーで取材にてまわる。
梅雨の時期にて、日光方面かなと考えていたが、水量が多いかなと思い袋田の滝へ向かうことにした。
宇都宮からだと、ちょっと時間かかるが、田植えの頃でもあり田園の中走るのもいいかな?である。

道は空いていて昼前には袋田の滝に着いた。
曇り空だが雨は降ってはなく、 新緑の爽やかな緑の中を走るのも良いものだ!
自分は何度も来ているが梅雨の時は初めてで奥さんも初めての滝。
車を土産の店に車を置き、いよいよ滝へ。
ひんやりとしたトンネルをしばらく歩くと、袋田の滝の落ちる目の前に出る。

驚きだ!
その水量の多さには驚きだった。
洪水の如く、激しく落ちる滝は見事、圧巻であった。
何度か来ているが水量の少ない時であったので、目の前の滝はすごく、こういう滝の流れが作品に出来たらと感じて、 頭に焼き付ける如く見ていた。
直の写生も大事だが見続けることも大切。
動きのイメージは見ていないと湧いてこない。
何度も来ていてスケッチもしているが、今回のこの滝はとにかく見るしかないと思った。
しばらく見続けていた。
袋田の滝は四段になっていて下半分が 幅広くなっているが、 観光写真にならないように作品づくりでは、もっとも激しく感じる部分を拡大して描いても良いなと今回思った。
実際に描こう!

エレベーターで上からの俯瞰的に見える展望台に上がるが、 観光写真、絵葉書写真のように見える場所で、全体を描くにはいい場所、こちらは小品の感じかなと思った。
自分の作品には、先ほどの激しく落ちる部分を描く、ということだな!

展望台から帰るときに、再びその激しく見える場所にてまたまた、しばらく見続けていた。
奥さんもしっかり見続けていた、自分が描いたときには、一言ありそうなくらい見続けていた。

駐車した土産物店にて昼食となった。
鮎の時期で、久しぶりに鮎の塩焼きを一匹注文し、味わった!
蕎麦とさしみコンニャクも美味しかった!

しばらくして袋田の滝をでて、写生地探しで 初めての竜神大吊り橋へいく。
車など通らない歩くだけでは本州一、とある吊りで375メートルと大きい吊り橋、下にはダムと関しての湖がちょっと見える、 秋には紅葉が綺麗かなと眺めていたが、360度見渡せるが 絵には無理かな、の場所であった。
ちょっとガッカリだった。
なかなかだ、絵にする場所見つけるにはいろいろある。

昨日の栃木の蔵の街を歩いて、いろいろ見ても作品にできるかなと思うと難しいかなと思うものがある。
昨日の中では、蔵での荒物屋さんと荷揚げ場の建物が作品にしてもいいかなと感じた。

実際に荷揚げ場の戸のみの部分を描いて見ようかなと思い始めている。
それでも今回は、滝と蔵の店と、荷揚げの建物は作品にしようと思った。

荒物屋さんは細かい部分の取材をしないとちょっと無理かな?から、作品にするには、もう少し先になる。
先ずは 滝と荷揚げの建物かな!

吊り橋から、益子へと向かう。 笠間へもどうかなと?思うが帰る時間的には益子だけにしないといけなかった。
実際に、益子に着いたのは五時まえで店など終わりに近くになっていて、急ぎ店だけまわるのみになった。
時間あれば益子の街をまわると取材にいいのがあるかもだが、時間なく店だけまわることにした。
自分も奥さんも自分好みのカップを買った。
良いと思うのはやはり高いので、普段使うのだからと、手頃な物を買い求めた。
店じまいまでいて、宇都宮に車を返しに戻る。

ちょうどいい時間に返すことができて、 やはり、 宇都宮は餃子だと、栃木の作家から聞いた店を探して行くと、店が終わっていた。ガッカリだった!
で、5つの餃子の店があるビルの地下を見つけていき、 二人で 各店の餃子を一つづつ注文して宇都宮餃子を堪能した。
5つの店はやはり、それぞれ味が違い美味しかった!
特に、町でも、マスコミにでも有名な餃子は、自分では薄味で今一つだったが、羽根つきの餃子と生姜たっぷりの水餃子の二店のは自分では特に美味しかった!

餃子も堪能していよいよ帰宅だ。
上野行きの快速があり乗るとすぐに寝てしまっていた。
上野から乗り換えて、家に着いたのは12時まえになっていた。
二日間は充実感だった。

が、 疲れた!
スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。