FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦屋、大阪、奈良へ二泊3日No.2

岡寺の参道の民宿の朝は晴天、気持ちよい朝になっていた。
宿を出て、稲渕、柏森 の飛鳥川上流を見に行く、が、?昔の面影は薄くなっていた。

早々に離れて今井町に向かう。
朝が早く店はしまっていた。
町並みは保存地域で、道は軽自動車が、一杯の道幅で、碁盤の目のようになっていて、そのなかを無理して走って回る、対向車が、来るとすれ違いがてきなくて苦労の町並みだった。

當麻寺に向かい見ることにした、當麻曼陀羅は特に有名な曼陀羅だ。
本堂、講堂、金堂を見た。
久しぶりに見て懐かしんでいた。
で、いよいよ石光寺へ行く。

約20年に近いご無沙汰の石光寺は、門が新しくなっていたが、昔通っていたのとそのままの感じだった。
受け付けには、先代の奥さんがいて、横浜から来ましたと、言ったところで、自分のことが、すぐにわかってくれて感慨無量だった。
寒牡丹は開園したばかりであったが、いくつか咲いていたので、柿の葉ずしで昼食してから、写生に入る。
4時半の閉門まで、三枚のスケッチが、できた。

今の若住職さんともしばらくして、話しもする事ができて良かった。
長い間のブランクを感じさせなかったのは特に嬉しかった。
毎年は無理でも1年おきとか写生に来ても、来たいと思っていた。
二泊目の宿に、向かわないといけないので、暗くなって来ているなかを、石光寺を後にした。

宿はJR奈良駅の隣で着いた頃は夜となっていた。
駅近くの店で夕飯となり、宿の温泉に入りゆっくりとして二日目の夜が過ぎていた。
ちょっと疲れが出ていたので宿の温泉は体が休まった。


スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。