FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個展と展覧会2つ

鶴見画廊の四季折々個展が、16日から27日まで開催。14日が搬入飾り付けである。

いつもよりは進んでいないのでどうかなとは思うが、始まってしまう。
今回は七回目で、2年に一度の個展だからもう14年となる。
画廊の意向があるが先へ続いていくのか?どうか?
何となくきりのいい10回くらいまではと思うことがある。
あと3回、都合6年先だ!
未定でもその都度一生懸命描くのみだ。

来年10月フランスのギャラリーサテライトにて個展予定。
小品中心となるが岩絵の具の世界を感じてくれるようにしたいかな?と考えている。
日本画の小品展でも展示数を考えると4か50点か?
向こうは額を入れての陳列でないのが多いのでその点どうするかな?
小品でも本画の数点はこちらのように額に入れたいとも思うのである。
郵送か宅配かなどもある。来年だが、時間が経つのは速いからいろいろ考えること多しだ。

7日から13日まで、みなとみらいギャラリーにて西区文化祭へ三十号二枚繋げたものを出している。
昨年栃木の蔵の町に取材した時に、歴史的な倉庫の木製の戸を抽象風に描いたもので、昨年横浜アンデパンダン展に出品した作品だ。

10日から18日まで、画廊楽にて、新春絵馬展が開催。
二回目の売上一部寄付の展覧会。自分は三枚出品。
個展制作中心だったので、不二と赤梅、寒牡丹、緑色の若い松ぼっくりの三枚を普通に描いて出した。
ちょっとおもしろく描いて見たかったが、時間なく普通に描いた。
それでも以外と時間かかってしまった。

来年また3回目かあればちょっとおもしろくしたいか?
フランスに数点絵馬もいいかなと思っている。
扇面、寸松庵色紙、ミニ屏風などなどもいいかなとも、考える楽しみもある。

スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。