スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマテン写生会下見

9月末に予定しているハマテン日本画の写生会に、野毛山動物園に決めた。
写生会担当が自分なので、副会長と話して今年は動物にしてみようとなった。
野毛山動物園は自分の小学校の遠足の地で、両親も簡単に近場で自分たち兄弟を遊びにつれていく 地であったが、中学高校と進むに連れて疎遠になっていた地でもある。
で、何十年行ってなかった地でもあった。
今回、写生会として決めたのでとにかくは一度下見に行かないとと思い奥さんの休みの日に二人で行って見た。
経費がかかるからと入場料無料と聞いていたが、それがためか、日曜日だからか、親子連れが、とにかく多かった。

横浜市には他に金沢区に動物園がある。
また、敷地の広い動物のために作られているズーラシアという二つの動物園がある。
市として歴史のある野毛山動物園は比べて広くはないが、身近に動物が見られるので写生にはよいかと感じた。

白孔雀が放し飼いになっていて時おり羽を広げてくれるので見せ場もある。
ちゃんと見ている人達に広げてポーズをとってくれるのだ!
自分もそろそろ閉園になろうの時に目の前で広げてくれたのですぐにシャッターを押した。
すると気づいた人達が集まりバチバチと撮影会となっていた。
しばらく広げていてくれたので写生会の目玉になりそうな感じもした。

熊、象はもう亡くなっていて新しく動物は入れない方針みたいで寂しいが他に広い動物園があるので仕方ないかなと思いながら園内をゆっくり二人で閉園まで歩いていた。

写生会としては良いかなと思い後にした。
写生会は9月末に予定で残暑かな?写生会にどのくらい来てくれるかな?など思い、当日の集合場所などを一応決めて帰路となった。


スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。