スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民のトリエンナーレ展

桜木町から関内までの画廊、ギャラリーの協力にて、夏の時期に市民のトリエンナーレ展と称して展覧会開催。
会期は各画廊ギャラリーの予定で、7月から9月頃までの間にて開催である。

自分は絵の具や三吉の画廊土瓶の担当になった!
詳細はこれからであるが、画廊の開催予定が、決まり参加出品をと声をかけていたら、他の委員からも土瓶にお願いと数人グループが参加出品と入り、いつの間にか38人までになり、取りあえずは募ることをストップした。
会期は9月1日から6日でありそれまでには出品者の変動もあるので、そのときにはまた、声かけて募ることになるかな?
早々に人数的に決まったのはホッとした。

市民のトリエンナーレにて、日本画、水彩、アクリルなどの作品集まり展示となって行く。
他のギャラリーのいくつかも出品者決まった連絡もあり、今のところ順調な滑り出しとなっている!
スポンサーサイト
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。